人や動物のマネをするのではなく、人ができないことをする機械。
つまり、人間のための「ツール」としてのロボット開発にこだわります。
人を危険から解放し、人と社会の豊かな未来のために前進します。