家庭用留守番ロボット
2005年12月開発

「ロボリア」はロボットとインテリアを融合させた新しいコンセプトのロボットで、イギリスのデザイナーがデザインを手掛けました。 2003年に発売した「番竜」の後継機で、小型化・コストダウンを図り、更なる付加価値を持たせたロボットです。留守番機能・遠隔操作機能などはそのままに、新たに「ロボリア」の映像出力端子とテレビの映像入力端子を接続することにより、お互いに相手を見ながら会話をすることができる機能を搭載しました。在宅時はフロアライトとしても使用できる、今までにない新たな試みのロボットです。

TOPICS
2005/12/26  【イベント】 博多大丸にてロボリア店頭販売を開始 詳細へ

2004/12/8  【プレス発表】 ロボリアの記者発表会
CLASKA(東京都目黒区)にて、インテリアオブジェとして洗練されたデザイン性と多機能ロボット機能が融合した商品『ロボリア』の記者発表会を行いました。記者発表会では、テムザック本社のある北九州市から会場のロボリアにアクセスし、遠隔操作を行いました。

2005/4/25  【プレス発表】 ロボリアの公開実験 詳細へ

2005/7/29~  【イベント】 ロボリア百貨店イベント 詳細へ

2005/9/27  【プレス発表】 ロボリアの販売モデル公開・記者発表会 詳細へ

PHOTO
 

SPEC
寸法・重量:全幅 約270mm/全高 約260mm/全長 約260mm/重量 約3.25kg
駆動方式 :車輪(前進・後退・右旋回・左旋回)
電源:ACアダプター、Ni-MHバッテリー
通信制御 :カード型FOMA
映像入力 :カメラ(チルト機能)
出力端子:映像出力端子 音声出力端子
その他 :マイク、スピーカー、人感センサー、音センサー