新型車いすロボット
2009年8月開発

「RODEM」は21世紀の少子高齢社会の中で、誰もが暮らしやすい社会を実現したいとの思いで開発された既成概念にとらわれない新しい製品です。
“もっと自由に、行きたいところへ”をコンセプトに、ユーザーの生活空間を広げ、質の高い生活を実現するための移動を支援します。
ユーザーの思いにより、時にはロボット、時にはビークル(乗り物)、時には車いすに。ロボットの枠にとらわれず、高齢者・障がい者・健常者のバリアをなくし、すべての人にできる限り利用可能であるように、「ユニバーサルビークル」と名付けた新たなカテゴリーと共に日本へ、世界へ、発信して参ります。

TOPICS
2009/08/26 【プレス発表】 ベーダセンター開発第一弾!RODEM(ロデム)発表 

PHOTO

SPEC
寸法(全長×全幅×全高):1220×690×1170 ㎜
座面高さ:380~700 ㎜
姿勢角度:±15°
重量:約100 ㎏
バッテリ:密閉型鉛蓄電池
充電方式:プラグイン方式
駆動方式:独立二輪駆動
速度:(前進時)高速6km/h・中速3.5km/h・低速1.0km/h
最小旋回半径:850 ㎜
稼動時間:約4時間
コントローラ:ジョイスティック方式による全方位無段階電子制御
装備品:前照灯、方向指示器、後方反射板
オプション(追加機能):坂道自動制御、障害物自動回避制御、GPS 搭載におる自己位置認識、目的地自律ナビゲーション機能、
     搭乗時バイタルデータ検出・センター送信、音声認識コントローラ、遠隔操作システム