株式会社テムザックのサイトへようこそ お問い合わせ サイトマップ
トピックス 製品紹介 企業情報 法人ご担当者様へ English Pages
ホームページへテムザックのこだわり
テムザックのこだわり
ロボット開発の歴史
前例がないからおもしろい。 独自の遠隔自動操作システムを開発
頭部に装着したCCDカメラの映像を見ながら、クルマを運転するような感覚でロボッ トをコントロール。たとえば、全国に張り巡らされたPHS(簡易型携帯電話)などの 移動体通信網を利用すれば、リアルタイムの遠隔操作を可能です。電波が届く場所で あれば、もうロボットはどこまでも自由。ロボットに広い行動範囲を。これもテムザ ックのこだわりです。

高度なメカトロニクスのノウハウ
肩の上下・左右、肘の屈伸・旋回、手首の上下・左右・旋回、そして指、首、胴、車輪 など、合わせて27の関節が動く高度な動作を実現。またそのうち24まで同時動作でき ます。しかも、全高120cm、最大直径60cmのコンパクトボディーにこうしたシステム を収めてしまいました。食品加工機械製造業で培ったノウハウを活かし、高度なメカ トロニクスノウハウもテムザックのこだわりです。

人の感覚に近づけた操作系システム。
音声や視覚はもちろん、触ったときの硬さ(応力)もある程度判断し、操縦者もロボ ットと同じ体験ができるよう、より直感的な操作を実現。手足同時の直感的な操作も 可能です。ロボットの目や耳となるCCDカメラやマイクを合わせることで、まさに自 分がロボットのいる地点にいるかのような感覚となります。リアルな感覚を再現し、 操作性を向上する。これもテムザックのこだわりです。

産学共同開発による強力なネットワークの確立
テムザックでは、早稲田大学高西研究室をはじめてとして、産学が連携する技術開発モデルを推 進しています。そうすることで、よりスピーディに、また柔軟性に富んだ研究が可能 となりました。それぞれの規模は小さくとも国内外の有力な大学研究所、企業と提携 し、共同研究開発を行えば、大型研究施設と同等以上の開発力を発揮。しかもローコ スト・ハイパフォーマンスを実現しています。強力な研究開発ネットワークもテムザ ックのこだわりです。

■テムザック研究開発連携先(五十音順)

大学
・神奈川工科大学
・金沢工業大学
・九州工業大学
・九州大学
・京都大学
・奈良先端科学技術大学院大学
・明治大学
・早稲田大学

企業
・三洋電機
・山洋電気
・新コスモス電気
・北陽電気
・ロボガレージ

団体
・北九州市消防局
・消防研究所
・ロボット産業振興会議(福岡県・北九州市・福岡市)

他、多数

T62K
◆T62K(2003年4月開発)
警備・監視等実用ロボット

QC-SRの後継機として開発した警備・監視等実用ロボットの試作2号機。周辺環境との親和性を考慮し、より現実的な大きさ(全高157cm)に変更し、スピードも向上。

テムザックのこだわり ロボット開発の歴史 ページ先頭へ
copyright(c) 2004 tmsuk All rights reserved.